【4月17日】ロッテ・荻野貴司「先制決勝タイムリー」ヒーローインタビュー
2019-04-18 02:41 - SIJ編集部

―― 5回のチャンス、ランナーふたりを置いて臨んだ打席だったんですが、どんなことを考えて打席に向かったんですか?
「岩下がしっかりゼロに抑えてくれてたんで、なんとか先制点を取りたいなと思って打席に入りました。」

―― 荻野さんらしいくるっと回転して(打ちました)。その思いがボールに伝わったんじゃないでしょうか?
「あまり打球は良くなかったんですけど、良いところに落ちてくれたので、よかったです。」

―― ここのところ1番、2番を打ってずーっとヒットも続いています。ご自身のなかでは好調だなって手ごたえはありますか?
「最初のほうになかなかチームに貢献できなかったので、出してもらう試合は必死に頑張ろうと思って毎日やってます。」

―― なかなかチームとしては1番が固定できなかったなか、逆に今の1番。これは話さないぞっていう気持ちはいかがでしょう?
「そうですね。やっぱり1番で出て、しっかりチームに貢献したいなと思います。」

―― それにしましても昨日も今日も本当に投手のみなさんがよく頑張ってくださいますよね。野手のみなさんどのように感じてるんですか?
「ほんとうに心強いので、こういう試合をしっかり勝ち切ってもっと勢いついていきたいなと思います。」

―― ホークス相手には4勝1敗。去年とは違いますね。
「まだ始まったばかりですけれども、しっかり明日も勝って勢いのっていきたいなと思います。」

―― それでは、まずみなさんに一言ください。
「明日も頑張ります。応援よろしくお願いします。」