ニュース&イベント
ヒーローインタビュー
Empty - ベースボール・タイムズ編集部
■西武・中村剛也

── 先制のチャンスのあの場面、どんな思いで打席に立ちましたか?
「ツーアウトから外崎(修汰)が塁に出てくれたので、僕もなんとかつなごうという意識で打席に入りました」

── 打った瞬間、手応えいかがでしたか?
「手応えはよかったですね」

── 1000打点というのは頭の中にあったんでしょうか?
「ありましたね。あと、2打点だったので。まあ、打ててよかったです」

── パワーのあるひと振りで一気に2打点。1000打点達成は史上45人目となりました。このあたり、気持ちはいかがですか?
「今の所特別なことはないですけど、これからもしっかり打点を稼いでいきたいと思います」

── 3試合連続ホームラン。そして多和田(真三郎)投手が投げる試合では、4試合連続ホームランなんです。このあたりはいかがでしょう?
「どうなんですかね。多和田がいいピッチングしているので、なんとか打ちたいなと思っています」

── 今日は、夏休みで多くのお子さんの前で大きな活躍を見せてくれました。明日からの意気込み、ファンへのメッセージをお願いします
「明日からしっかりと打てるように頑張っていきます。応援よろしくお願いします」