ニュース&イベント
【8月1日】楽天・浅村栄斗「2安打2打点」ヒーローインタビュー
2019-08-01 17:34 - ベースボール・タイムズ編集部

――第1打席、1アウト3塁で打順が巡ってきました。どんな意識でバッターボックスに向かったのですか。

「とにかくランナーを返そうと思って打席に入りました。」

 

―― 4回から8回まで両チーム無得点、9回に大きなホームランがありましたね。

「ホームランを狙っていたわけではないのですけれど、とにかく塁に出ようと思って必死にいきました。」

 

――変化球を逆方向へ打ち返しました。

「完璧でした。」

 

――浅村選手はこれで7月下旬からホームランが6本と、量産体制ですね。

「結果的にはそうですけれど、あまりホームランは意識していないので、とにかくチームが勝てるように。それだけです。」

 

――打つ方だけではなくて7回の守備ですが、2アウト2塁、中田選手の打球を見事にさばきましたね。

「飛んでくる所はだいたい予測して守っていましたし、ピッチャーも頑張っていたので、何とか失点を防げてよかったです。」

 

――これで10連戦の最初のカードを見事に勝ち越して、明日から本拠地に戻ることになります。ファンの皆さんにメッセージをお願いいたします。

「とにかくどんどん勝っていけるように頑張っていきたいと思います。ありがとうございました。」