【5月6日】ロッテ・種市篤暉「プロ2勝目」ヒーローインタビュー
2019-05-07 02:27 - SIJ編集部

―― 有原選手との投げ合い。どんな気持ちで投げたんでしょう?
「最少失点で抑えられるように投げました!」

―― 今日手応えがあった部分、教えてください。
「ピンチで粘れたのが良かったんじゃないかなと思います。」

―― 種市投手のまっすぐをかなり打ちづらそうにしているバッターもいました。あのあたりの力のあるボール、自身になったんじゃないでしょうか?
「はい。…はい(笑)。」

―― もう一言、何か欲しいです。
「えー…ありがとうございます!」

―― 種市投手は前回平成最後の試合でプロ初勝利。そして次の登板で令和初勝利も上げました。新しい時代も、ファンは期待していると思います。意気込みをお願いします。
「次の登板も頑張りますので、応援よろしくお願いします!」