【5月6日】ソフトバンク・松田遼馬「リリーフで2回パーフェクトピッチング」ヒーローインタビュー
2019-05-07 02:25 - SIJ編集部

―― 移籍後初めてのお立ち台ということになりました。ここから見る景色、いかがですか?
「まさか(お立ち台に)上がれるとは思ってなかったので、ちょっと緊張しています。」

―― 今日はリードした場面でのマウンドでしたけれどもどんな思いで上がりましたか?
「一人ひとりのバッターをしっかり抑えて、ゼロで帰ってくるっていうことを意識して投げました。」

―― その言葉通り、三者連続三振を含む、2回をパーフェクトに抑えました。
「目の前のバッターを全力で抑えることを意識して、それができたので、よかったかなと思います。」

―― 今シーズンはいろんな場面で投げるなかで、防御率は0.00です。好調の要因、ご自身ではどのように感じていらっしゃいますか?
「防御率というのは気にせずに、さっき言った通りバッターひとりを全力で抑えて、そのイニングをゼロで抑えてってことを意識してるのが、ゼロで抑えられてる要因かなって思います。」

―― そのゼロで抑えたいという気持ちですけれども、昨シーズン、松田選手自身は移籍して悔しい思いもあったかと思いますけれども、改めて、今シーズンにかけている思いというのはどんなものがありますか?
「地元九州のソフトバンクの一員になって、優勝に貢献したいという思いで今年マウンドで投げているので、1年間しっかり継続できるように、これからも頑張りたいと思います。」

―― 松田選手の活躍もあって、チームは5連勝です。今日はゴールデンウィーク最終日、大勢のファンがヤフオクドームにつめかけてくれました。ファンのみなさんへひとことお願いします。
「まだシーズンは続くので、またしっかり頑張っていきたいと思います。応援よろしくお願いします!」