【5月4日】ロッテ・角中勝也「同店タイムリー」ヒーローインタビュー
2019-05-05 02:10 - SIJ編集部

―― ランナー、荻野さんが3ベースで出て、相手はなんといっても日本を代表する宮西投手でした。どんな心境だったでしょうか?
「その前、走塁ミスしていたので、さすがに1点は取らないとやばいなと思って。強い気持ちもって打席に入りました。」

―― 特に宮西投手得意のスライダー。あれは反応で打ったんでしょうか?
「色々考えながら。説明すると長くなるのでやめておきます。」

―― 今日はお子さんも含めて、たくさんのお客様が集まっていただきました。この令和の、新しいマリーンズの1時代、切り開いていただきたいんですけれども、今シーズンにかける意気込み、伺えますでしょうか?
「まずは借金をすぐに返して、いっぱい、いっぱい貯金して優勝したいと思います!応援よろしくお願いします!」