【5月4日】ソフトバンク・松田宣浩「先制タイムリー含む2打点」ヒーローインタビュー
2019-05-05 02:13 - SIJ編集部

―― 最初の打席。2アウトランナー2塁1塁というチャンスでした。どんな気持ちでバッターボックスに入りましたか?
「チャンスだったので甘い球、積極的にいこうと思って。変化球だったんですけど、しっかりバットに引っかかってくれて、ランナーが周東だったので確実に抜けたら1点入ると思っていたので、打ててよかったと思います。」

―― 3回にも左中間を破るタイムリーヒットでした。
「前のバッターのデスパイネがフォアボールだったので、そのあとの初球はすーっと(ストライクを)取りがちなんで、そのボールをしっかり打つことができたと思います。」

―― 今日の先発千賀投手、7回無失点の好投。サードからどのように見ていたんですか?
「めちゃめちゃ良いピッチャーっていうのは誰もが分かってるし、(千賀は)いつもバッター陣にはとにかく初回に点取ってくださいって言うんですよね。初回に点数取ったらすごいピッチングしてくれるので、今日は初回に点数取ることができて。だから今日は良い試合だったと思います。」

―― これでチームは3連勝。まさにベテランと若手の力が融合したチーム。松田選手が引っ張っているように感じるんですが日々どんな思いでプレーしていますか?
「当然けが人の選手の方たくさんいるんですけど、昨日も言いましたけど若い選手がこのチャンスを必死につかもうとアピールしているので、若い選手とベテランの選手が一致団結して戦っているので。めちゃめちゃ良い試合ができているのでまた明日も連勝伸ばせるようにチーム一丸となってやっていきたいと思います。」

―― 最後に満員のファンも楽しみにしていると思います。最後に松田選手にマイクお渡しいたします。
「じゃあ、今年はじめてのワンツースリーマッチしたいと思うので、みなさんお立ちください!  ワーン、ツー、スリー!マーッチ!!!」