【5月4日】ソフトバンク・千賀滉大「今季3勝目」ヒーローインタビュー
2019-05-05 02:11 - SIJ編集部

―― 千賀投手としてはおよそ1ヶ月ぶりのヤフオクのマウンドでした。どんな気持ちでマウンドに入りましたか?
「普段と変わらずに、普通通りの気持ちで投げました。」

―― 初回、2回とピンチありましたけれども、三振で切り抜けましたね。
「そうですね。良いかたちでアウト取れたと思いますし、ピンチになったら基本的には(三振を)狙っているので。取れてよかったです。」

―― 松田選手のタイムリーなど、打線が3回までに4点取ってくれました。
「先制して頂きましたし、楽な気持ちで投げることが出来ました。」

―― 7回無失点。今シーズン3勝目ということですけれども、今日のピッチング振り返っていかがでしょう?
「(ボールを)操れていないところもあったんですけど、しっかり(甲斐)拓也がリードしてくれましたし、野手の方も守ってくれたので、良い内容だったなと思います。」

―― 4試合続けて2桁三振。今日は9つの三振。あとひとつというところでしたけれども、意識はありましたか?
「ありましたし、追い込んでいてもなかなか(三振を)とれなかったので、そういう日かなと思います。」

―― 千賀投手にとってはこれで令和初勝利ということになりました。令和はどんな時代にしていきたいですか?
「平成くらい、良い時代にしたいです。」

―― 今シーズン(千賀投手にとって)ヤフオクドームでの初勝利。これだけのファンが詰めかけてくれました。最後にファンのみなさんにメッセージお願いします。
「今日もいつもと変わらない熱い声援ありがとうございます。まだ頑張ります。ありがとうございました。」