【5月3日】ソフトバンク・デスパイネ「サヨナラヒット」ヒーローインタビュー
2019-05-04 02:00 - SIJ編集部

―― 外野にボールが落ちた瞬間はどんな風に見ていたんですか?
「打った瞬間落ちてくれと思いながら走っていたんですけど、落ちてくれてとてもうれしいです。」

―― 満塁の場面、どんな意識でバッターボックスに向かったんでしょうか?
「集中して打席に入ることが出来ましたし、とにかく外野フライを打ってチームに1点(入れて)、どうにかして勝ちたいという気持ちで打席に立ちました。」

―― 今日はホームランも打ちました。大型連休に入ってホームランが出ています。ご自身のバッティングの状態はいかがですか?
「少しずつですが、バッティングの調子もよくなってきているので、この状態を保ちながらチームの勝利に貢献できるように今後もバッティングしていきたいと思っています。」

―― 今日は12対11という壮絶な点の取り合いでしたがどんな風に感じながら試合中は戦っていたんですか?
「すごいシーソーゲームと言いますか、点の取り合いだったのですごい長い試合にもなりましたけれども、チームに貢献できるように自分の打席一つひとつ集中しながら入りました。」

―― これからもデスパイネ選手の力が必要になってくるとおもいます。ファンのみなさんに向けて、お願い致します。
「今年また優勝できるように日本一になれるように引き続き僕たちは頑張っていきますので応援よろしくお願いします。」

―― それでは、いつものパフォーマンスお願いします。
「デスパ、イイネ!」