【5月2日】ソフトバンク・今宮健太「決勝の先制タイムリー」ヒーローインタビュー
2019-05-03 01:52 - SIJ編集部

―― 1回の先制の場面なんですが、ランナー1塁で回ってきました。どんな思いで打席に入ったでしょうか?
「周東が必ず走ると思いましたけど、追い込まれるときついピッチャーだったので、積極的にいった結果が。あと、周東がよく走ってくれたので。この1点が勝利につながりましたのでよかったなと思います。」

―― 初球、まっすぐだったと思いますが、手ごたえはいかがでしたか?
「抜けるとは思っていましたので、あとは周東がホームまで走ってくれて。それを願ったばかりでした。」

―― その1点が、先制のそして貴重な1点になりましたね。
「ほんとはここに僕が立たないでもいいかなって思いはあるんですけど、大竹ですね。今日は本当に大竹がよく頑張ってくれましたんで、大竹様々ですね。」

―― 今、今宮さんからお話ありましたけれども、大竹投手は4月もずっと頑張っていましたけれども、素晴らしいピッチングでしたが、なかなか勝ちをつけられなかった。やはり野手は、なんとか援護したいという思いがあったんじゃないですか?
「すごく良いテンポで毎試合毎試合投げてもらって、良いピッチングをしていて勝ちを付けてあげられないっていうのは、僕たちの責任でもありますんで、それでもここまで一生懸命粘って投げてくれた大竹にすごく感謝してこれからどんどん勝ちをつけられるように頑張りたいと思います。」

―― そして今宮選手自身は4月19日からずっと3番で。3番でもずっと好調をキープしていますけれども、改めて好調の要因はどんなところにありますか?
「自分のスイングをすることだけを考えて、打席に入っていますので、チーム本当にいろいろと事情がありますけど、こうやって3番打たせてもらってることを自分の成長につなげて、1試合でも10試合でもチームを勝たせられるようにこれからも頑張っていきたいと思います。」

―― 今日ゴールデンウィーク、本当に多くの方がヤフオクドームに詰めかけてくださっています。最後にファンのみなさんに一言お願い致します。
「本当にたくさんのファンのみなさん、本当に熱い声援ありがとうございました。ファンのみなさんの応援なしでは、選手のみんなも頑張れませんので、これからも熱い声援よろしくお願いします。今日はありがとうございました!」