【5月2日】オリックス・大城滉二「勝利を呼び込む好走塁」ヒーローインタビュー
2019-05-03 01:50 - SIJ編集部

―― 走りましたね。
「ワンチャンスでものにしないといけない場面だったので、どうにか先の塁を取ろうと思って走りました。」

―― 塁上の緊張感などはどうだったんでしょうか?
「もう(伏見)寅威さんが打つと信じていたので、スタートを早めに切りました。」

―― そして今日はピッチャー陣のすばらしい継投もありました。どのようにご覧になっていましたか?
「やっぱり、山本が毎回抑えているなかで、なかなか点数を取ってあげられず、苦しい試合にいつもしているので、最後勝てて本当によかったです。」

―― 今日はゴールデンウィークということもありまして、これだけたくさんのファンの方が球場にかけつけてくれました。ファンのみなさんへメッセージをお願い致します。
「ファンのみなさまの声援が、選手のすごい力になるので、明日も応援よろしくお願いします!」