【4月29日】ソフトバンク・甲斐拓也「猛打賞4打点」ヒーローインタビュー
2019-04-30 21:47 - SIJ編集部

―― ほんとに9回2アウトまで分からないどきどきの展開でしたね。
「そうですね。ピッチャーの方が一生懸命投げてくれた結果だと思います。」

―― 今日森投手が空振り三振を奪ったとき、思わず手を叩きましたが、どんな気持ちでしたか?
「ほんとに勝つためにやっているので、1戦1戦一生懸命戦うしかないので、1試合1試合ほんとうに勝つつもりでやっているのでよかったです。」

―― ご自身は今日ひとりで4打点。大活躍でした。
「ありがとうございます。」

―― そして今シーズン初の猛打賞ということで、大事な試合で打ちましたね。
「今までほんとに結果を残せていない状況だったので、なんとかチームのためにという風に思って必死にいきました。」

―― 今甲斐選手からもチームのためにという言葉がありましたが、今チーム状況苦しい中で、平成最後のゲームをとって、また首位をキープしたというのも大きいゲームになりましたよね。
「毎日試合ありますし、今いるみんなで力を合わせて1試合1試合戦っていきたいと思います。」

―― 平成最後のゲームが終わりまして、次は福岡に戻って新しい元号“令和”での試合になります。次に向けて全国のホークスファンに向けてそして札幌ドームのホークスファンに向けて、最後にメッセージをお願いします。
「そうですね。またヤフオクに戻っても、1試合1試合全力で戦うので、またこれからも応援よろしくお願いします。ありがとうございます!」