ヒーローインタビュー
2018-08-14 14:50 - SIJ編集部
■ヤクルト・川端慎吾

――7月21日以来、今季2度目のサヨナラ打となったが?
「本当に(前回と)同じくらい気持ちいいですね」

――今日は小川投手が粘りのピッチングも8回に逆転される展開となったが?
「ちょっと嫌な流れだったんでなんとかひっくり返したいっていう気持ちでずっとやっていました」

――1点ビハインドで迎えた最終回、自分まで回ってくると思っていたか?
「しっかり準備はしていましたね。(前打者の)雄平さんが(申告敬遠で)歩かされて、燃えましたね」

――「俺の前で申告敬遠か、という思いですか?
「いや、そこまでではないですけど。でもちょっと力は入りましたね」

――2ボールからの3球目、手応えは?
「ちょっと詰まったんですけど、外野フライにはなるかなと思ったんで良かったです」

――ライトの頭上を越えて行くのは見えたか?
「ずっと見ていました。なんとか抜けてくれと思っていましたけど」

――その瞬間は?
「いやもう、嬉しかったですね」

――熾烈な2位争い、巨人を抜いて2位浮上となりました。
「ありがとうございます!」

――残り45試合。どういう思いで毎日を過ごしているか?
「必死に1試合1試合戦っています。この6連戦が大事になると思うので、その頭を取れたというのは本当にいいことなので明日からもどんどん勝っていきたいです」

――ファンに向けてメッセージを。
「明日も頑張ります!応援よろしくお願いします!」