ニュース&イベント
ヒーローインタビュー
Empty - ベースボール・タイムズ編集部
■藤岡裕大(ロッテ)

――プロ初打点を含む2安打1打点、ナイスバッティングです!
「ありがとうございました!」

――この大歓声を受けていかがですか?
「いやあ、本当にいいスタートが切れて、本当に嬉しく思います」

――まずプロ初打点となったあのタイムリー、バッティング振り返っていかがでしょうか?
「チャンスだったので、積極的にいこうという思いで、ボールはちょっと低かったと思いますけど、打てて良かったです」

――その後もヒットが出て、さらにはフォアボールも2つ、5打席で4回の出塁、今日の打席、全体はいかがですか?
「そうですね、きっちりボールを見極めることができたので良かったと思います」

――開幕戦は3安打、昨日はヒットが出ませんでした。そこからの気持ちの持っていきかたというのはどうだったんでしょうか?
「そうですね、1日終わってしっかり切り替えて、毎日試合があるので、なんとか今日は積極的に振っていこうという思いで打席に立ってました」

――改めて、プロ初めてのお立ち台ですが、この雰囲気というのはどうでしょうか?
「いやあ、緊張します。はい」

――グラウンドでプレイしているときとは、またちょっと違いますかね?
「そうですね、はい。みんなこうやって、こういう場に多く立てるよう、これからも頑張りたいと思います」

――隣にルーキーの菅野選手もいますが、開幕から2人でスタメン張り続けていますが、菅野選手とはどんな存在ですか?
「そうですね、本当に良いプレーをするので刺激になりますし、負けないように頑張りたいなと思います」

――マリーンズファンの皆さんにメッセージをいただけますか?
「ルーキーの藤岡です! 今年、マリーンズの優勝に貢献できるように頑張りたいと思います!よろしくお願いします!」