ニュース&イベント
ヒーローインタビュー
Empty - ベースボール・タイムズ編集部
■巨人・池田駿

――プロ初勝利の今の気持ちはいかがですか?
「素直に本当にうれしいです」

――去年は先発も経験して今はリリーフですが、このタイミングでのプロ初勝利はどうですか?
「僕は主に中継ぎですが、プロで1勝を挙げるのはこんなに大変なんだと改めて感じました」

――序盤に点を取って取られてという試合でしたが、試合展開をどう見ていましたか?
「リリーフがあまりないと言われていたこの状況で、逆にチャンスだと思って、投げることを楽しみに毎日ブルペンで待っていました」

――どんな思いでマウンドに上がりましたか?
「ドラゴンズ打線も勢いがすごくて苦しかったですけど、1球でも多く、1イニングでも多く投げて後ろのピッチャーに繋げようと思っていました」

――イニングをまたぎました。七回の最後の打者どんな気持ちで投げましたか?
「後悔がないようにという気持ちでいつも投げているので、そういう気持ちで投げました」

――ウイニングボールをどうしますか?
「奥さんのお父さんにプレゼントします。巨人ファンというのありますが、去年から闘病生活しているので、励みになればと思って」

――ファンの方に一言お願いします
「まだふがいないピッチングが続いているので、これをきっかけにしてがんばっていけたらと思います」