ニュース&イベント
ヒーローインタビュー
Empty - ベースボール・タイムズ編集部
■筒香嘉智(DeNA)

――勝ち越しがかかった一戦だったが?
「去年優勝しているカープですし、なんとしてでも勝ち越しを決めて横浜に帰るっていう思いで試合に入りました」

――6回の本塁打を振り返って?
「(先発の)京山は本当に頑張っていましたし、なんとか点を取りたいっていう思いで、後ろにつなぐ意識で入りました」

――京山の投球はどう見えた
「テンポよく丁寧に、よく投げているなと思いました」

――7回の3ランは?
「前の打者の方々が本当に必死につないでくださったので、なんとしてでもランナーを還すという思いで打席に立ってました」

――本塁打が出たのは大きいと思いますが?
「自分のことより、チームが勝てたことが一番ですので。これからもチームのために全力で頑張ります」

――意気込みをお願いします!
「いつもあたたかいご声援をいただいていますので、次も勝てるようにあした準備して、あさっても頑張りたいと思います」