ニュース&イベント
ヒーローインタビュー
Empty - ベースボール・タイムズ編集部
■菊池雄星(西武)

――3年連続の開幕投手でしたが?
「チームのスタートということで、いいスタートが切れるようにと思って投げました」

――辻監督からは早い段階で開幕投手を告げられていたが、その期待については?
「辻監督を胴上げするんだという想いでキャンプからやっています」

――7回2失点だった今日のピッチングを振り返って?
「粘り強く投げられたと思いますし、野手が早い段階でたくさん点を取ってくれたので楽になることができました」

――味方打線が一挙7点を奪った3回のビッグイニングはどう見ていたか?
「いつも野手のみなさんには助けてもらっているので何とか良いピッチングができるようにと思っていました」

――今季の新たな武器であるツーシームの手応えは?
「まだまだ精度も低いですけど、少しずつものにして行ければと思います」

――今季への意気込みは?
「節目の40周年ということでファンのみなさんの意気込みもすごく伝わってきています。何とかみなさんと一緒に、10月に喜べるように頑張ります」