ヒーローインタビュー
2018-06-15 14:49 - SIJ編集部
■埼玉西武・大石達也

── 先発の菊地投手が粘りのピッチングを見せ、つなぎでマウンドに上がりましたが、どんなふうに準備をしていましたか?
「いつでも行けるように、準備はしていました」

── 昨日もすばらしいピッチングでしたが、今日の投球の感触はいかがでしたか?
「あまりよくはなかったですけど、なんとか0に抑えられたのでよかったです」

── あまりよくない中で抑えられた要因はどんなところに感じられますか?
「今季初登板のときにフォアボールを連発したので、ゾーン内でしっかり勝負していこうっていう気持ちで投げるようになってからよくなったかなと思います」

── その裏の攻撃で味方がチャンスを作りましたが、どんな気持ちで見ていましたか?
「打線はすごい調子がいいので、点を取ってくれると信じて応援していました」

── 山川(穂高)選手がサヨナラ打を放ちました。あの瞬間はいかがでしたか?
「ラッキーって思いましたね」

── これで大石投手に白星が付きましたね?
「はい、山川のおかげです」

── チームはリリーフ陣が厳しい中ですけど、今後、大石さんにかかる期待も大きいのではないでしょうか?
「ヒースとかもいるので、自分は与えられた場所でしっかり結果を残せるように頑張りたいと思います」

──延長の一戦、多くのファンが残ってくれています。最後にファンへメッセージをお願いします。
「前半、僕が力になれなかったので、これから僕がしっかりとチームの力になれるように頑張るのでこれからもよろしくお願いします」