ニュース&イベント
ヒーローインタビュー
Empty - ベースボール・タイムズ編集部
■ブキャナン(ヤクルト)

――開幕戦での勝利となったが?
「すごく素晴らしい気持ち。開幕投手を任された中ですごくいいピッチングができた。攻撃陣もすごくいいサポートをしてくれた。すごくいい気分だね」

――開幕投手を告げられた時の気持ちは?
「とても光栄で名誉なことだったので、今日に合わせてしっかりと調整してきた」

――強力なベイスターズ打線が相手だったが、どんなところを意識していた?
「(相手打線が)すばらしいというのは最初から分かっていた。ミスを犯すと、ロペスに打たれたようにホームランになる。しっかりと制球しないといけないと思っていた」

――今後へ向けての抱負は?
「今日みたいに3ボールにならないように、しっかりとカウントを整えて、長いイニングを投げられるようにしたい」